フィードアイテムの検索ができるようになりました


フィードアイテムの検索機能は、おそらく最も多くのご要望をいただいた機能です。それだけに運営者もなんとか実現できないかと検討を繰り返していたのですが、必要となるサーバーリソースが段違いに大きく、これまで提供することができませんでした。有料化で皆様にお支払いいただいた利用料金も、現在のところ現行のサーバーを維持するのにギリギリの金額で、サーバーの追加等は難しい状況です。

そこで、多少イレギュラーではありますが、ブラウザ拡張機能を利用してWebブラウザ側で処理を行うことで、検索機能を提供することにしました。まずは試験的に Chrome 拡張に検索機能を実装しましたので、 Google Chrome をご利用の皆様はぜひご利用ください。 Firefox アドオンについても実装作業を進める予定です。


検索機能の概要


今回提供を開始した検索機能は、以前から提供中の Google Drive 連携機能を使用して Google Drive にバックアップしたフィードアイテムのデータを Chrome 拡張機能内に取り込み、それを対象として検索を行うというものです。そのため、以下の制限があります。
  • Google Chrome に拡張機能をインストールした環境のみで利用できます。
  • 利用開始時にいくつかの準備作業が必要です。
  • 購読数が多い場合や更新が多いフィードを購読している場合、検索に時間がかかります。
  • 「スター付きアイテム」および「フィルタされたアイテム」グループは検索できません。
  • 新しく取得したフィードアイテムが検索対象に含まれるまで、一日程度の時間がかかります。
  • Feedeen からログアウトしても拡張機能内にデータが残ります。共有マシン等ではご使用にならないでください。
これらの制限は今後解消できるように努力していきます。ご理解いただければ幸いです。


検索機能を利用するための手順


検索機能を利用するためには、以下の準備作業が必要です。とくに Google Drive 連携を設定していない方はだいぶ時間がかかることになりますのでご注意ください。
  1. Chrome の最新版(Chrome 42 以上)が必要です。久々に Chrome を立ち上げる場合などは、メニューの「Google Chrome について」を選択して更新してください。
  2. Chrome 拡張機能をインストール(または更新)する。
  3. Google Drive 連携を有効にして、過去のアイテムをアーカイブする。
  4. 検索機能を有効にして、 Google Drive 上のアーカイブをブラウザ内に保存する。
後述の検索ボタンをクリックすれば簡単な案内が表示されます。また、詳細な説明が「フィードアイテムを検索するには」にありますので、あわせてご参照ください。

とくに Google Drive 連携で過去アイテムのアーカイブを行う手順は、サーバー側の状態によっては非常に時間がかかるかもしれません。もしすぐに必要でなければ、少し日にちをおいてから作業していただくのが無難です。


検索方法


検索を行うには、デスクトップ版の右上に追加された虫眼鏡の形の検索ボタンをクリックします。テキストボックスがポップアップで表示されるので、検索文字列を入力して「検索」ボタンをクリックするか、 Enter キーを押してください。

検索ボタンとポップアップ
検索条件としては AND 検索のほか、 OR や NOT 、フレーズ検索などが可能です。詳細は「フィードアイテムを検索するには」の検索方法の項目をご覧ください。


拡張機能の更新方法


検索機能を利用するには、拡張機能を最新版に更新する必要があります。おそらく数日程度で自動更新されるはずですが、すぐに利用したい方は、拡張を一度削除してから再インストールするのが手軽です。再インストールは以下の手順で行います。
  1. アドレスバーに chrome://extensions と入力し、拡張の管理画面を表示する。
  2. Feedeen 拡張機能の項目を探し、ごみ箱アイコンをクリックする。
  3. 以下のページで拡張機能をインストールする。
    https://chrome.google.com/webstore/detail/feedeen/fheieaippbolmnjhaokhoaekeocmkfgp

拡張の削除

自動更新を待つ場合は、権限の承認が必要なことにご注意ください。更新後にブラウザ左上のメニューボタンがオレンジになるので、メニューから「Feedeen をご利用になるには新たに権限を付与する必要があります」を選択し、その後のポップアップで「再度有効にする」をクリックしてください。

権限の承認

順次改善してまいります!


前述のとおりイレギュラーな方法ではありますが、検索機能の提供にこぎつけることができました。要望をくださった皆様、ありがとうございます。まだ多くの制限があり、利用できる環境も限られていますが、それらの点は順次改善してまいります。お気づきの点がありましたら、ぜひご意見をお聞かせください。



コメント

このブログの人気の投稿

Yahoo! オークションの更新頻度調整について

ネイティブアプリを送信先にする

4色のカラースターを追加、IFTTTとの連携も可能に