ショートカットやツールバーがより便利になりました

いつも Feedeen をご利用いただき、まことにありがとうございます。昨晩 Feedeen の新しいバージョンを公開しましたので、ご報告いたします。今回の主な改善点は以下のとおりです。

  • ツールバーボタンに複数のアクションが登録可能になりました。
  • キーボードショートカット等のカスタマイズが簡単になりました。
  • 実行できるアクションが増えました。
  • マウス操作でもヘッダ非表示が使いやすくなりました。

以下、それぞれを簡単にご紹介します。


ツールバーボタンに複数のアクションが登録可能になりました


これまでも登録できるボタン数に明確な制限はなかったのですが、画面の横幅という物理的な制約により、実用的には5〜6個が限度でした。これからは、ひとつのボタンに複数のアクションを登録することで、より多くの機能をツールバーで実行できます。言葉で説明してもわかりづらいので、下の動画をご覧ください。


このように、ひとつのボタンに複数のアクションを割り当てて、メニューのように選択できるようになりました。メニューはボタンの長押し、もしくは指を上方向へのスライドすることで表示されます。

一番下のアクションは従来どおりワンタップで実行できるので、使用頻度の高いボタンをそこに登録し、必要に応じて補助的な機能を追加していくのがおすすめです。


キーボードショートカット等のカスタマイズが簡単になりました


Feedeen は公開当初からカスタマイズ可能なキーボードショートカットを提供し、ご好評をいただいております。しかし、そのカスタマイズには独自の書式での記述が必要で、あまり簡単ではありませんでした。

そこで今回、キーボードショートカットの設定画面を再実装し、簡単にキー割り当てが変更できるようにしました。詳細設定の「ショートカット」の画面を開き、割り当てを変更したいショートカットをクリックすると、下のようなダイアログが表示されます。

ショートカットキーの変更ダイアログ

この状態で登録したいキーを押せば、そのままショートカットとして登録されます。特殊キー(Home、F1など)や複数キーのシーケンス(Gの後にAなど)もただそのキーを押すだけで簡単に登録できます。

また、キー割り当てにエラーがある場合、問題のあるすべてのショートカットにエラーが表示されるようになりました。これまではエラーが画面上部にしか表示されず、エラーの原因を見つけるのがとても面倒でしたが(たいへん申し訳ありません...)、今後はひと目でご確認いただけます。

ショートカットのエラー表示

ショートカットほど大きな改善ではありませんが、ツールバーやモーションジェスチャの設定画面も親切になっています。

ツールバーの設定画面では、それぞれのアクションをタップすることで簡単な説明が表示されます。

ツールバーアイコンの説明表示

モーションジェスチャの設定画面では、アクションの選択がブラウザ標準のドロップダウンからダイアログになりました。こちらも各アクションについてアイコンと説明が表示されます。

モーションジェスチャのアクション選択ダイアログ

いずれも直感的に使えるよう工夫しましたので、ぜひ使ってみてください。


実行できるアクションが増えました


キーボードショートカットやツールバー、ジェスチャで実行できるアクションを多数追加しました。同時に、追加分と機能的に重複するいくつかのアクションの廃止も行いました。

まずキーボードショートカットについては、以下の追加・廃止があります(角括弧内はデフォルトのキー割り当て)。

追加されたショートカット
  • 「フィルタされたアイテム」を表示 [ G D ]
  • 未読が最も多いフィードを表示 [ Shift + M ]
  • 一覧表示/展開表示を切り替え [ C V ]
  • アイテムの表示順を切り替え [ C O ]
  • 本文フォントサイズ変更 [ C F ]
  • コンパクトモード [ C C ]
  • 設定メニューを開く [ C S ]

廃止されたショートカット
  • 一覧表示に切り替える [ C 1 ]
  • 展開表示に切り替える [ C 2 ]
  • フォント切り替え(小) [ C S ]
  • フォント切り替え(中) [ C D ]
  • フォント切り替え(大) [ C F ]

これまでショートカット化していなかった設定系を中心に追加を行いました。同時に表示モードとフォントサイズの切り替えを巡回形式とし、従来の選択肢ごとのショートカットは廃止させていただきました。

ツールバーとモーションジェスチャは共通で、以下の変更があります。

追加されたアクション
  • 「すべてのアイテム」を表示
  • 「スター付きアイテム」を表示
  • 「フィルタされたアイテム」を表示
  • 未読数の多いフィードへ移動
  • 1ページ上にスクロール
  • 1ページ下にスクロール
  • ページごとに読み進める
  • リロード
  • 詳細設定を開く
  • アイテムの表示順を切り替え

廃止されたアクション
  • 前のページに移動
  • 次のページに移動

廃止された「前/次のページに移動」と「1ページ上/下にスクロール」は似ていますが、前者が展開されたアイテムの端まで来ると次のアイテムを展開するのに対し、後者は単純にページ単位でスクロールするだけです。それぞれのアクションの詳細は、ポップアップで表示される説明をご確認ください。

なお、先日お伝えしたとおり、更新の影響でキーボードショートカットが無効になったり、一部のツールバーボタン・ジェスチャの割り当てが削除されたりする可能性があります。その際はお手数ですが、再設定をお願いいたします。


マウス操作でもヘッダ非表示が使いやすくなりました


前回の更新でデスクトップ版のヘッダやフッタを非表示にできるようになりましたが、「すべて既読」などの操作を行うにはキーボードショートカットを使用する必要があり、マウス操作のみの方には使いづらい状態でした。

そこで、ヘッダ非表示のモードのみフィード名部分に「リロード」と「すべて既読」のボタンを表示するように変更しました。

フィード名のバーに「リロード」と「すべて既読」ボタンを配置

これでマウスのみでもヘッダ非表示で基本的な閲覧作業が可能になりました。画面サイズが小さいネットブックなどではとても便利かと思います。

今回の更新で、より手軽に Feedeen をカスタマイズしていただけるようになりました。これまでデフォルトのままで利用されていた方も、ぜひ自分に最適な Feedeen にカスタマイズしてください!



コメント

このブログの人気の投稿

Yahoo! オークションの更新頻度調整について

ネイティブアプリを送信先にする

4色のカラースターを追加、IFTTTとの連携も可能に