投稿

2018の投稿を表示しています

プリペイドカードでお支払いの方へのお知らせ

いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

Feedeen 利用料金の決済手段としてプリペイドのクレジットカードを利用されている方へのお知らせです。

ご注意:
下記の件で影響を受けるのは一部のプリペイドカード決済のみです。現在メインの決済手段として提供している Pay.JP の決済についてはまったく変更はございません。
これまでプリペイドカードによるお支払いのために維持してきた Yahoo! FastPay によるクレジットカード決済ですが、来月初旬のメンテナンスで提供を終了させていただくこととなりました。Webサイトのプログラム全体を置き換えることに加え、Yahoo! FastPay 自体が来年3月で閉鎖予定となっており、これ以上の維持は難しいと判断いたしました。

今年5月からはメインの決済手段を Pay.JP に変更しておりますので、ほとんどのクレジットカードはメンテナンス後もかわりなくご利用いただけます。しかし、残念ながら一部のプリペイドカードについては、 FastPay では決済できたのに Pay.JP ではエラーになるというご報告をいただいております。たいへん申し訳ないことに、こちらのページでお勧めしているMastarCard@ねっとも利用できないようです。

上記の対策として、次回メンテナンスで決済手段に銀行振込を追加いたします。銀行口座のみで料金のお支払いが可能になるので、これまでプリペイドカードで決済されていた方にもご利用いただけると考えております。

もしFeedeenの料金支払いのためにプリペイドカードを購入済みの方がおられましたら、お早めに期限延長のお手続きをお願いいたします。期限まで3ヶ月以上あるなどの理由でお手続きができない場合は、お問い合わせフォームでご連絡ください。購入されたカードが無駄にならないよう、なんらかの対応をさせていただきます。

サービスの変更によりご迷惑をおかけし、たいへん申し訳ございません。なにとぞよろしくお願いいたします。

「ショートカット」にまつわる改善2つ

イメージ
いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

ここ数ヶ月の間、機能追加等が滞っておりまして申し訳ありません。現在、サービス公開直後の雑なコードを引きずっているWebサーバーまわりのコードをすべて書き直ししておりまして、まだ一ヶ月程度かかる見通しです。今後も継続してサービスをご提供するためには避けて通れない作業ですので、なにとぞご容赦いただきたく、お願い申し上げます。

さて、言い訳はこれくらいにしまして、今回はユーザーの方々からのご要望にお応えするための改善を2点ほど実施しました。その内容をご紹介します。

購読を追加するiOS12ショートカット 先日のことですが、Twitterでこんなご要望をいただきました。

@feedeen iOS 12のSiriショートカットを使って、見てるページをfeedeenに追加するのを作りたいと思っているのですが、どのURLに飛ばすのが正しいでしょうか? /subscribe?u={追加したいページのURL} かなと思ったのですが、うまく追加画面に遷移できなかったので、質問させて頂いております。 — つっきー (@tsukkee) September 19, 2018
なんと、Siriショートカットってそんなこともできるんですね!

つっきーさんご指摘のとおり購読用のURLがSafariでは動作しなかったため、その不具合を修正し、ショートカットから購読できるようにしました。完成したショートカットをつっきーさんにご提供いただき、下記のURLで公開しておりますので、iOS12ユーザーの方はぜひご利用ください(ショートカットアプリのインストールが必要です)。

「Feedeenで購読」ショートカット
https://www.icloud.com/shortcuts/be167c61119b466aad4b491ef4309063


Safari でショートカットを実行するには、下の画像を参考に共有シートでショートカットアプリを有効にしてください。2回目以降は2、3番目の手順は不要です。


iOS12のショートカットは表示中のページ上で任意のJavaScriptを実行することも可能で、WebアプリケーションとiOSを連携する手段として使えます。Feedeenの各種機能を呼び出すJavaScript APIとか欲しくなってきますね..…

モバイル版でモーションジェスチャが無効にならない不具合が発生しました

いつもFeedeenをご利用いただきありがとうございます。運営者の伊藤です。

一昨日(2018年9月23日)の夕方頃から本日(同9月25日)の0時頃まで、モバイル版でモーションジェスチャを無効に設定していてもジェスチャが発動してしまうという不具合が発生しておりました。すでに修正を適用し、不具合は解消されております。影響をうけた皆様、ご不便をおかけし、たいへん申し訳ございません。

経緯としては、一昨日にモーションジェスチャの有効・無効を切り替える際の挙動を変更するための更新を適用、その内容に不備があり、不具合が発生してしまった次第です。ユーザーの方からのご報告により同現象を確認、修正を実施しました。

動作確認が足りず不具合を発生させてしまい、たいへん申し訳ございません。自動テストの内容や動作確認手順の見直しを行い、再発防止に努めてまいります。今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします。

「お知らせ」フィードを追加しました

イメージ
いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。運営者の伊藤です。

告知していた Feedeen のメンテナンスが無事に終了しました。今回の主な追加機能は、「お知らせ」フィードの追加です。購読リストの「フィルタされたアイテム」の下に配置されています。「既読を隠す」が有効な場合、未読のお知らせが存在しないと非表示になりますので、同機能を無効にして確認してみてください。


お知らせフィードには、Feedeen内の処理でエラーが発生した場合などに自動的にアイテムが追加されます。例えば Evernote APIのアクセス許可が期限切れしてスターアイテムを投稿できなかった場合、その旨のお知らせが追加されます。


お知らせフィードは単にエラーの情報を表示するだけでなく、エラーに対処する手段も提供します。Evernoteのエラーの場合なら、「Evernoteに再接続する」ボタンにより、すぐにEvernote APIへのアクセス許可が行えます。その後さらに、「投稿を再実行する」ボタンでEvernoteへの投稿を再度試みることもできます。

 Evernote への投稿内容も改善されています。以前はアイテムの本文をそのまま投稿していたため、元ページへのリンクが見つけづらい(右上のドメイン名がリンクなのですが、少々わかりづらい)というご意見をいただいておりました。そこで、先頭にアイテムのタイトルと配信元サイト名をリンク付きで挿入するように改善しました。


内部的な投稿処理は完全に書き直しており、将来のスヌーズ機能の追加などを見越した新しいジョブシステムによって処理されるようになりました。一時的にAPIが利用できない場合の遅延再実行も実装されており、投稿の信頼性が大きく向上しております。

お知らせフィードの実装に合わせて、お知らせフィードへ移動するキーボードショートカット(G I)とツールバーボタン、ついでに「スターアイテムをまとめて開く」のキーボードショートカット(G Shift+S)も追加しました。お好みでカスタマイズしてご利用ください。


参考:
キーボードショートカットの使い方
モバイル版にツールバーを表示する
便利な機能

6月28日(木)午前 1:00〜3:00 メンテナンスのためサービスを停止します

6月28日(木)午前 1:00〜3:00 の時間帯に、下記の通り Feedeen のメンテナンスを実施させていただきます。メンテナンス期間中は Feedeen がご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

メンテナンス内容:
アプリケーションの更新DB構造の変更 ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

一部のプリペイドカードで決済できない現象について

イメージ
いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。運営者の伊藤です。

先日公開させていただいた新しい利用期限更新手続きにおいて、一部のプリペイドカードが決済できない現象が発生しておりました。クレジットカードが利用できないケースでお勧めしているMastercardねっとも決済に失敗することを確認しており、少なくない方が現象に遭遇されたかもしれません。動作確認が至らず、たいへん申し訳ございません。

当面の対応として、正規の更新手続きとは独立したページとして、以前の決済サービスを使用する更新手続きを復活させました。正規のページの以下のリンクから開くことができますので、もし上記現象に遭遇して更新できていない方がおられましたら、こちらで再度お手続きいただければ幸いです。



なお、こちらの更新ページは以前の仕様をそのまま引き継いでいるため、新しく追加された以下の機能はご利用いただけません。なにとぞご了承ください。

1ヶ月単位での更新自動更新の設定VISA / MasterCard 以外のクレジットカードの決済
決済まわりではご不便をおかけすることが多く、たいへん申し訳ございません。引き続き改善に取り組んでまいりますので、今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします。

SSL証明書をLet's Encryptに変更しました

いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。運営者の伊藤です。

本日は、 Feedeen が利用するSSL証明書を RapidSSL から Let's Encrypt に変更したことをご報告します。シマンテック傘下のRapidSSL(以降、旧RapidSSL)が発行した証明書は今年10月頃に無効化される予定で、これまでFeedeenで使用してきた証明書も無効化対象に含まれているため、その対応も兼ねて変更を実施しました。

この変更によるユーザーの皆様への影響はありません。万が一エラーなどが発生する場合は、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。

以降では、SSL証明書(の発行元)を変更するに至った理由などについてご説明させていただきます。 Feedeen のご利用にあたって必須の情報ではありませんので、ご興味のある方のみお読みください。

変更に至った経緯 今回の変更に至った最大の理由は、Chrome, Firefoxなどの主要ブラウザにおいて旧RapidSSLの証明書を段階的に無効化する決定がなされたことです。

発端は昨年3月にGoogleが公表した提案です。旧RapidSSLを含むシマンテック傘下のSSL証明書事業において不正な証明書の発行が繰り返されており、それがもたらすリスクからユーザーを保護するため、シマンテックの証明書を段階的に無効化していくというものでした。

その後、昨年の9月にGoogleが提案の実行を決定し、Mozilla(Firefoxの開発元)も追随することを発表しました。これにより、Feedeenが使用していた証明書が期限前に無効化されることが確実になりました。

以上のような経緯でなんらかの対処が必要になったわけですが、取り得る選択肢は大きく分けて2つありました。RapidSSLの証明書を再発行するか、他の事業者に乗り換えるかです。手間が少ないのは前者で、詳細は後述しますが現在のRapidSSLはシマンテックの手を離れており、証明書を再発行して差し替えるだけで無効化の対象からは外れます。

しかし、今後このようなトラブルを避けることができるならば、手間をかけてでも事業者を乗り換える価値があります。そこで注目したのが、今回移行先としたLet's Encryptです。Let's Encryptは…

利用期限の更新手続きを一新しました

イメージ
いつもFeedeenをご利用いただきありがとうございます。運営者の伊藤です。

告知していたFeedeenのメンテナンスが無事終了しました。多くの方が更新時期を迎える中でのサービス停止となってしまい、たいへん申し訳ありません。できればもう少し早く実施したかったのですが、決済が絡む部分で拙速なことはできず、予定がずれ込んでしまいました。なにとぞご容赦ください。

今回のメンテナンスでは、サービス利用期限の更新手続きを一新し、一ヶ月単位での更新や自動更新などを可能にしました。以下、変更点を簡単にご紹介いたします。

クレジットカード決済サービスの変更 まず重要な点として、クレジットカードの決済サービスを変更したことをご報告します。有料化当初よりクレジットカードの決済には Yahoo! ウォレットFastPay を利用してきましたが、同サービスは既に新規申し込みを終了しており、継続が危ぶまれる状態となっています。そこで昨年より移行先の検討を重ね、今回 PAY.JP へと移行させていただきました。

今回の移行によってユーザーの皆様への影響(従来使えたカードがエラーになるなど)はないはずですが、万が一不都合などございましたら、お問い合わせフォームにてご連絡ください。

なお、 PayPal 決済は従来どおりご利用いただけます。ただし、後述の自動更新はクレジットカード決済(PAY.JP)のみとなっております。なにとぞご了承ください。

一ヶ月単位の更新ができるようになりました 利用期限の更新の際に、延長する月数を一ヶ月〜一年の間で選べるようになりました。更新手続きフォームの延長方法の欄にあるドロップダウンで、延長する月数を指定してください。


お支払い金額は、従来の年額を月割りした月額200円×延長する月数となります(詳細は利用料金をご参照ください)。月数を選択すると実際のお支払い金額がフォームに表示されますので、ご確認のうえ、お手続きください。

自動更新もご利用いただけます 一ヶ月ごとに更新手続きを自動で実行する「自動更新」も選択できるようになりました。ご希望の場合は、更新手続きフォームのお支払い方法を「クレジットカード」にした後、延長方法で「自動更新」を選択してください。


自動更新を選択して更新手続きを行った場合、まずフォームの送信直後に一か月分の利用料金(200円)の決済と期限延長…

5月2日(水)午前 1:00〜3:00 メンテナンスのためサービスを停止します

当初メンテナンス日を4月2日と表記していましたが、5月2日の間違いです。大変申し訳ありません。

いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。運営者の伊藤です。

5月2日(水)午前 1:00〜3:00 の時間帯に、下記の通り Feedeen のメンテナンスを実施させていただきます。メンテナンス期間中は Feedeen がご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

メンテナンス内容:
アプリケーションの更新利用規約の更新DB構造の変更
先日の投稿でも軽く触れましたが、今回のメンテナンスでは利用期限の更新手続きを一新し、1ヶ月単位での更新や自動更新を追加します。同時に新しい利用規約も適用させていただき、メンテナンス後の初回利用時にご同意いただくことになります。あらかじめ内容をご確認いただければ幸いです。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

新しい利用規約のご確認をお願いします

いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

現在、Feedeenの利用期限更新手続きの改善を進めており、自動更新や1ヶ月単位での更新の導入を予定しております。それにともない、利用規約も若干変更する必要が生じましたので、事前に新しい利用規約の内容をお知らせいたします。

新しい利用規約は以下の場所でご確認いただけます。

新しい利用規約の内容
https://www.feedeen.com/terms?c=ff9bbcc84f22e31ae7924ccc6506aad665976612

現行の利用規約との変更箇所
https://bitbucket.org/webos_goodies/feedeen-terms/diff/terms_of_service.txt?diff1=ff793edda0bb14fa7ec8c9810467cc901526acd4&diff2=ff9bbcc84f22e31ae7924ccc6506aad665976612

変更内容:

利用期間の更新単位と最低利用期間を1年から1ヶ月に変更誤字の訂正
新しい利用規約は、次回メンテナンスの終了時に適用する予定です。次回メンテナンスの日時は確定しておりませんが、今月末を目処に作業しております。確定次第、再度お知らせいたします。

新しい利用規約が適用されると、Feedeenを利用するためには同意が必須となります(利用時に同意画面が表示されます)。あらかじめ内容をご確認いただき、ご不明点などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

HTMLからフィードを生成できるようになりました

イメージ
いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

告知していたFeedeenのメンテナンスが無事に終了しました。サービス停止でご不便をおかけし、たいへん申し訳ありません。ご協力ありがとうございます。

今回のメンテナンスでは、Webページの表示内容(HTML)からフィードを生成する機能を追加し(以下では「フィード生成機能」と略します)、RSS/AtomフィードのないWebサイトでも購読できるようになりました。。機能の開発にあたっては、皆様からご提供いただいたデータが品質改善やバグ修正の上でたいへん役立ちました。この場をかりてご協力に感謝・御礼申し上げます。

それでは、主な変更点をご紹介させていただきます。

新しくなった購読ダイアログ フィード生成機能の追加にともない、購読ダイアログも大きく変わりましたので、まずはそちらをご紹介します。従来は購読するURLや名前・所属グループをひとつの画面で入力する仕様だったため、フィードの内容がわからないうちから各パラメータを決めさせるという無茶振りとなっていました。


そうした反省から、新しいダイアログでは最初にURLのみを入力し、次の画面でフィードの選択とともに名前・所属グループを入力する形としました。さらにフィードのプレビュー(各アイテムのタイトルとURL)も表示し、内容を確認しながら購読するフィードを選択できるようにしました。



詳細設定画面にあるモバイルデバイス向けの購読追加画面も同様に変更されています。画面の切り替え式ではありますが、こちらも購読前に内容のプレビューが可能です。


購読してみるまで内容がわからなかった従来の購読ダイアログに比べて、格段に使いやすくなっております。ぜひご活用ください。

HTMLからのフィード生成 RSS/Atomフィードを配信していないWebページでも、表示内容(HTML)からフィードを生成して購読できるようになりました。例えば「Feedeen」をGoogle検索した結果ページのURLも、下記のようにいくつかのフィードが生成されて購読できます。


フィードの生成は、基本的にHTML内のリンクをグループ化することで実現しており、リンク以外の情報は含まれません。また、生成結果の品質は元になるHTMLの構造に大きく影響されるため、購読したいフィードが生成されない場合は、以下の条件を参考…

2月25日(日)午前 1:00〜3:00 メンテナンスのためサービスを停止します

いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。運営者の伊藤です。

2月25日(日)午前 1:00〜3:00 の時間帯に、下記の通り Feedeen のメンテナンスを実施させていただきます。メンテナンス期間中は Feedeen がご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

メンテナンス内容:
アプリケーションの更新DB構造の変更各サーバーの交換
先日SNS上で画面を公開したHTMLからフィードを生成する機能も、今回のメンテナンスで使えるようになります。検証用のデータをご提供いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

メンテナンス期間中はご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。