投稿

Safariのセッション切れ対応とGoogle Drive連携の廃止

いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 メンテナンス作業が無事終了し、Feedeenの新バージョンを公開しました。今回はバックエンドサーバーのPython3およびARMアーキテクチャへの移行が主目的ですが(ついに全サーバーがARMになりました!)、ユーザーの皆様にも影響する変更が2点ありますので、それらについてご説明させていただきます。 Safariのセッション切れに対応 2〜3ヶ月ほど前から、Safari (Mac / iOS) でFeedeenにアクセスした場合のみ、ほぼ毎日Googleアカウント認証画面が表示されていました。どうもGoogle側の挙動が変更されたようで、理由はわかりませんがFeedeen側の指定を無視して強制的に認証画面が表示されています。 FeedeenからGoogle側の挙動を変えることはできないので、事前の策として「Safariの場合のみ1ヶ月程度はGoogleアカウント認証を行わない」(≒セッションの有効期限を1ヶ月に延長)という修正を行いました。根本的な解決ではありませんが、Google認証画面の煩わしさはだいぶ軽減できるはずです。 問題が修正されない、もしくは他の問題が発生するなどありましたら、 お問い合わせフォーム にてお知らせください。 Google Drive連携の廃止 取得したフィードの情報をGoogle Driveに保存する「Google Drive連携機能」は、今回の更新をもって廃止とさせていただきました。この機能はもともと ブラウザ拡張を使用した検索機能 にデータを供給することが目的だったのですが、現在のブラウザ拡張ではデータの取得方法が変わっており、Google Driveのデータは使わなくなっていました。またARMへの移行で機能の維持が難しくなったこともあり、今回廃止とさせていただきました。 機能は廃止しましたが、これまで保存したデータはGoogle Driveのマイドライブ内の「Feedeen」というフォルダに残っています。もし不要でしたら、このフォルダごと削除していただければ幸いです。 また、FeedeenからGoogle Driveへのアクセス許可も残っているはずです。実害はありませんが、気になる場合は Googleアカウントのセキュリティ管理画面 で権限を剥奪してください。「ア

6月17日(木)午前1:00〜3:00 メンテナンスのためサービスを停止します

いつもご利用ありがとうございます。Feedeen運営者の伊藤です。 バックエンドのサーバーの Python 3 / ARM への移行のため、下記の内容でメンテナンスを実施させていただきます。期間中はサービスがご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。 また、これまでデータのバックアップ用にご提供していた Google Drive 連携については、このメンテナンスを持ちまして廃止させていただきます。あわせてご理解のほど、お願い申し上げます。 メンテナンス期間:6月17日(木) 午前 1:00〜3:00 メンテナンス内容: バックエンドサーバーの差し替え DBのスキーマ変更 アプリケーションの新バージョンの公開(Safariでのセッション切れ対応など) Google Drive連携機能の廃止 ご不便をおかけして申し訳ございません。なにとぞよろしくお願いいたします。

Safari でGoogleアカウント選択画面が毎日表示される現象について

いつもご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 最近、 iOS や Mac の Safari で Feedeen を開いた際に、頻繁に(一日に一回程度) Google アカウントの選択画面が表示されるという現象が発生しております。影響を受けている方々にはご不便をおかけしており、大変申し訳ございません。アカウントを選択していただければ問題なくご利用いただけますが、明らかに不要な手間ですので、原因や回避手段を調査しました。 結論から先に申し上げますと、これは Google 側の認証サーバーのバグ、もしくは仕様変更のようです。詳細は後述しますが、なぜか Safari ブラウザでアクセスした時のみ、 常に確認画面を表示するように挙動が変わったようです。 Safari ブラウザのみピンポイントで発生する現象のようで、例えば iOS 版 Google Chrome では発生しません(ブラウザエンジン同じなのに... まさか最近のトラッキング規制への報復じゃないですよね )。後述のとおり6月初旬を目処に選択画面の表示頻度を減らす措置を検討しておりますが、早急にこの現象を回避したい場合は、 Google Chrome 等のサードパーティブラウザの利用をお勧めいたします。 以下、詳細な原因と、将来的な対応についてご報告させていただきます。 現象の発生原因 Feedeen では、従来から一日一回程度の頻度で Google の認証サーバーにリダイレクトし、 Google アカウントの確認を行なっておりました。その場合でも該当する Google アカウントにログインしていれば即時 Feedeen に戻るため、ユーザーがこの挙動に気付くことはあまりなかったと思います(単にページを再読み込みしただけに見える)。 しかし、おそらく数週間程度前から、 Safari ブラウザにおいてのみ、 Google アカウントにログイン中でも常にアカウント選択画面が表示されるように挙動が変更されました。これは、たとえ Feedeen 側が確認画面を非表示にするオプションを指定したとしても、強制的に表示されます。結果的に、 Feedeen が頻繁にセッション切れを起こしているような挙動になってしまいました。 将来的な対応 前述のとおり、確認画面を表示する挙動自体は回避手段が見つかっておりません。そこで、将来

LINE連携機能などを追加しました

イメージ
 いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 メンテナンス作業が無事終了し、Feedeenの新バージョンを公開しました。今回はメンテナンス日程を何度も変更してしまい、たいへん申し訳ありません。ご迷惑をおかけするにも関わらず、SNSへの日程変更の投稿にもいいねなどしていただき、とても励みになりました。皆様のご理解・ご協力に感謝いたします。 それでは、今回追加した機能をご紹介させていただきます。 LINE連携を追加 前回のアップデート で漏れてしまっていた LINE 連携を、遅ればせながら追加しました。他のサービスと同様に、スターしたアイテムの内容を LINE に自動投稿できます。連携する 際は、事前に LINEへのメールアドレス登録 を済ませておいてください。 LINE連携 連携すると、「LINE Notify」というbot(これはFeedeenが作ったものではなく、 公式API のbotです)からスターアイテムの情報が投稿されます。 アイテムが投稿されたところ 投稿する内容は、設定画面で自由に指定できます。アイテムのタイトル・URL、配布元Webサイトのタイトル・URL、本文、アイテムの日付、スターした日付を含めることが可能で、それぞれ最大文字数も指定できます。 LINE連携の設定画面 これまでもWebHookとIFTTTを組み合わせれば同じことが実現できましたが、だいぶ面倒な設定が必要でした。今後は他のサービスと同じ手順でご利用いただけます。 Todoistのタスク名がカスタマイズ可能に Todoist連携の設定項目として、タスクの内容(タスク名)を追加しました。 Todoist連携の設定画面 設定できる内容はLINEの投稿内容とほぼ同じですが、本文、配布元Webサイトのタイトル・URLを含めることはできません。これは技術的な制約ではなく単に私が不要だろうと考えただけなので、もし必要という方がおられましたら、ご要望ください。たぶん次の更新で追加されます(笑) Veinのコメントも少しだけ強化 Veinで投稿時に付加するコメントはこれまでもカスタマイズできましたが、含められるアイテム情報をLINEの投稿内容と同じものに強化しました。 Veinのコメント書式の説明 文字数制限も可能にしたので、これまでよりもだいぶ使いやすくなったと思います。

4月10日(土)午前1:00〜3:00 メンテナンスのためサービスを停止します

いつもご利用ありがとうございます。Feedeen運営者の伊藤です。 一度日程を撤回していた新バージョンリリースのためのメンテナンスを、4月10日(土)の午前1:00から実施させていただきます(三度目の正直)。今回はすでにDBの同期を開始しており、メモリ消費も安定しているので大丈夫・・・なはず。日程以外の実施内容は以前と変わらず、以下のとおりです。 メンテナンス期間:4月10日(土)午前1:00〜3:00 メンテナンス内容: DB・MemcacheサーバーのARM移行 その他のサーバーのシステム更新 フィード復帰処理のPython3への移行 アプリケーションの新バージョン公開 メンテナンス期間中はサービスがご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

メンテナンス日程をいったん撤回させていただきます

いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 日程変更したばかりでたいへん恐縮なのですが、3/31(水)としていたメンテナンスを日程をいったん撤回させていただきます。新しいDBサーバーの状態を現行のDBと同期させる過程でトラブルが発生し、DBサーバーの準備を最初からやり直さざるを得なくなったためです。 トラブルの原因は判明しており、DBサーバーの最大メモリ設定のミスです。ARMインスタンスへの移行で搭載メモリが増えたので、DBサーバーのメモリ設定も相応に増やしたのですが、それが悪かったようです。通常負荷では問題なかったものの、同期処理ではメモリ消費の傾向が変わるのか、メモリ不足が発生してOSを強制再起動するしかなくなってしまいました。 その後、メモリ設定を見直して同期処理は再開できましたが、同期過程で強制再起動をかけたDBを本番適用するのはさすがに怖いので、最初からやり直すことにしました。 新しいメンテナンス日程は、DBサーバーの準備が完了した段階でアナウンスさせていただきます。前言撤回を繰り返してしまい、たいへん申し訳ありません。なにとぞご容赦の程、よろしくお願いいたします。

メンテナンスを3/31(水)午前1:00に延期します

いつもご利用ありがとうございます。Feedeen運営者の伊藤です。  今晩(3/28 午前1:00)に予定していたメンテナンスですが、表題の通り3月31日の午前1:00に延期させていただきます。DBサーバーを交換するためのデータのコピーに予想以上に時間がかかり、準備が間に合わないためです。新しいメンテナンスの実施要項は以下の通りです。 メンテナンス期間:3月31日(水)午前1:00〜3:00 メンテナンス内容: DB・MemcacheサーバーのARM移行 その他のサーバーのシステム更新 フィード復帰処理のPython3への移行 アプリケーションの新バージョンの公開 サービス停止についても同様に移動となり、今晩は通常通りご利用いただけます代わりに、3/31の上記時間帯にサービスを停止させていただきます。 直前の延期となってしまい、まことに申し訳ございません。ご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。