投稿

フィードアイテムをRSS形式などでエクスポートできるようになりました

イメージ
いつも Feedeen のご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 特定のフィードの取得済みアイテムをエクスポートしたいというご要望をいただいたため、RSS 2.0, HTML, CSV のいずれかの形式でエクスポートする機能を追加しました。エクスポートしたデータを容易に活用していただけるように標準的なデータ形式を採用し、 RSS 2.0, HTML には簡易ビュアーも内蔵しました。ぜひご活用ください。 フィードアイテムをエクスポートする方法 フィードアイテムをエクスポートするには、購読リストのエクスポートしたいフィードにマウスカーソルを重ねて、右に表示される三本線のアイコンをクリックしてください。フィード情報のポップアップが表示されます。 フィード情報ポップアップのエクスポートアイコンをクリック このポップアップの右下にあるアイコンをクリックすれば、エクスポートのためのダイアログが表示されます。 フィードアイテムのエクスポートダイアログ エクスポートするファイルの形式を選び、右下の「開始」ボタンをクリックしてください。フィードアイテムのダウンロードが始まり、すべてダウンロードすると自動的にファイルが保存されます(もしくは、保存を促すダイアログが表示されます)。 ここではデスクトップ版での操作方法をご説明しましたが、スマートフォンやタブレットでエクスポートすることもできます。各ファイル形式の特徴なども含めて、詳細は ヘルプページ を参照してください。 RSS, HTML 形式の簡易ビュアー RSS 2.0 または HTML 形式でエクスポートしたデータを Web ブラウザに読み込むと、モバイル版 Feedeen に似た簡易ビュアーが表示され、内容を確認できます。エクスポートしたデータを手軽に活用する手段としてご利用ください。 簡易ビュアー ただし、簡易的なものですので、アイテム数が多いと動作が重くなったり、読み込み時にエラーとなることがあります。あくまでオマケ的な機能ということで、なにとぞご了承ください。 注意点 アイテム数が多いフィードのエクスポートは、その分多くの帯域を消費します。とくに数年にわたって購読したフィードや一日の配信記事が多いフィードなどを頻繁にエクスポートすることは避けてください。ひとまず制限等は設けていないのですが、運営コストに大きな影響が

「表示中のフィードをクリックの挙動を元に戻す」設定を追加

イメージ
いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 今回は小規模ですが、いただいたご要望を反映するためのアップデートを行いました。細かい挙動を変更するための設定を行う「詳細フラグ」画面と、一部の方々にご不便をおかけしていた「フィードをクリックした際の挙動」を元に戻す設定の追加です。他にもいくつか挙動を変更できる「詳細フラグ」がありますので、もしニーズに合うものがあれば、ご利用ください。 「詳細フラグ」の変更UIを追加 実は従来から、Feedeenには内部で細かい動作を変更するための隠しフラグがいくつかありました。主にデバッグ目的でつけたものなので公開していなかったのですが、今回これを変更するための「詳細フラグ」画面を詳細設定に追加しました。 「詳細フラグ」画面 それぞれの設定をクリック(or タップ)すると、各設定の説明が編集UIとともに表示されるので、個々の設定の機能はそちらをご参照ください。まだ数が少ないですが、今後必要に応じて増やしていきます。 「表示中のフィードのクリックでリロードする」設定を追加 些細な変更だという認識でご説明しなかったのですが、 ブラウザの「戻る」ボタンへの対応 に伴い、フィードリスト上でフィードをクリックした時の挙動が微妙に変更されています。従来は表示中のフィードを再度クリックするとアイテムリストがリロードされていたのですが、対応後はリロードされず、単に無視されるようになりました。 「戻る」ボタンが押された時に備えてブラウザの履歴にアイテムリストの状態を保存するようになったので、無駄な履歴を作らないように不要なリロードを行わないようにした一環で、このような動作となりました。 しかし、運営者の予想に反してこの挙動を利用していた方がおられ、不便になったというご意見をいただきました。そこで、前述の詳細フラグのひとつとして挙動を元に戻す設定を追加しました。 フィードをクリックした時の挙動を元に戻す設定 「詳細フラグ」画面で「feed-always-reload」という設定をクリック(or タップ)し、編集画面で設定値を「リロードする」に変更した上で「保存」してください。 挙動を元に戻す設定の方法 これで、表示中のフィードを再度クリックしたときにアイテムリストをリロードするようになります。この挙動を利用されていた皆様、ご面倒です

新しいヘルプサイトを公開しました

イメージ
いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 ヘルプサイトのメンテナンスが終了し、デザインを一新してリニューアル公開しました。内容に違いはありませんが、今風のスッキリしたレイアウトで、文字も大きく読みやすくしました。これまで同様にご利用いただければ幸いです。 http://help.feedeen.com/ 新しいヘルプサイト 従来のヘルプサイトは Google Sites で構築していたのですが、今回は独自のコンテンツ管理ツールを開発して再構築しました。おかげでレイアウトなど自由にカスタマイズできるようになったので、もし見づらいところなどあれば、ぜひご指摘ください。 ヘルプの内容なども順次追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

9月23日(木)午前1:00〜2:00 ヘルプサイトのリニューアルを実施します

いつもご利用ありがとうございます。Feedeen運営者の伊藤です。 急なお知らせとなってしまいますが、9月23日(今週の木曜日)の午前1:00より、下記要領にてヘルプサイトのリニューアル作業を実施させていただきます。Feedeen本体のサービス停止などはございませんが、一時的にヘルプサイトにアクセスできなくなります。あらかじめご了承のほど、お願い申し上げます。 メンテナンス期間 : 9月23日(木)午前1:00〜2:00 メンテナンス内容 : ヘルプサイトの差し替え Feedeen上で表示する「基本操作ガイド」の内容更新 Feedeen本体の軽微なアップデート ご不便をおかけし、まことに申し訳ございません。なにとぞよろしくお願いいたします。

リロード周りの不具合を修正しました

いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 先日の更新後に発生するようになった以下の2件の不具合を修正しました。 ブラウザの再読み込みボタンを押してもアイテムリストが更新されない(履歴から直前のフィード切り替え時の状態を復元してしまっていた) 数時間操作がなく自動的にページをリロード際、常に「すべてのアイテム」に移動してしまう 影響を受けた皆様、ご不便をおかけして申し訳ございません。もし他にもお気づきの点がございましたら、ぜひ お問い合わせフォーム などでお知らせください。 今後ともFeedeenをよろしくお願いいたします。

ブラウザの「戻る」ボタンでフィードリストも戻るようになりました

イメージ
いつもご利用ありがとうございます。Feedeen運営者の伊藤です。 Feedeenの新しいバージョンを公開しました(今回はサービス停止の必要がなかったため、事前アナウンスなしで更新を実施しました。なにとぞご了承ください)。今回の最大の変更はブラウザの「戻る」ボタンでフィードリストの内容も「戻る」ようになったことです。「すべて既読」などで消えてしまったアイテムを容易に再表示できますので、ぜひご活用ください。その他の内容もあわせて、更新内容を簡単にご紹介します。 ブラウザの「戻る」「進む」ボタンに対応 従来から各フィードには固有のURLが振られており、ブックマークしておけば最初に開くフィードを固定することができました。しかし、ブラウザの「戻る」ボタンには対応できておらず、アドレスバーのURLが戻るだけで表示内容は変わらないという中途半端な状態でした。 今回、フィード切り替えの処理を改善し、ブラウザの「戻る」「進む」ボタンに表示内容も追随するようになりました。単に表示フィードを前のものに戻すだけでなく、アイテムリストも以前表示していたアイテムに戻ります。 例えば「未読のみ」モードにていくつかのアイテムを既読にして別のフィードに移動しても、「戻る」ボタンを押せば既読にしたアイテムも含めて前のアイテムリストが復元されます。 アイテムを既読にした後に、他のフィードに移動しても... 戻るボタンを押せば... 最初の画面のアイテムリストが復元されます。 なお、処理上の都合からスクロール位置は正しく再現できないケースがあり、またアイテムの選択・展開状態は常に解除されます。これらはまだ工夫の余地があるかもしれないので、今後の課題として改善を検討します。もし特に使いづらいところがあれば、ご意見いただけると嬉しいです。 既読操作取り消しのキーボードショートカットを追加 従来からある「すべて既読」といった操作の取り消し機能に、キーボードショートカットを追加しました。デフォルトは Shift + 0 (数字のゼロ)ですが、詳細設定で変更できます。 既読操作の取り消し 従来の取り消し機能は一定時間でポップアップが消えてしまいましたが、キーボードショートカットはポップアップが消えた以降も有効です。焦って戻す必要がなくなるので、覚えておくと安心です。 ショートカットはデスクトップ版とタブレット版で

Safariのセッション切れ対応とGoogle Drive連携の廃止

いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。 メンテナンス作業が無事終了し、Feedeenの新バージョンを公開しました。今回はバックエンドサーバーのPython3およびARMアーキテクチャへの移行が主目的ですが(ついに全サーバーがARMになりました!)、ユーザーの皆様にも影響する変更が2点ありますので、それらについてご説明させていただきます。 Safariのセッション切れに対応 2〜3ヶ月ほど前から、Safari (Mac / iOS) でFeedeenにアクセスした場合のみ、ほぼ毎日Googleアカウント認証画面が表示されていました。どうもGoogle側の挙動が変更されたようで、理由はわかりませんがFeedeen側の指定を無視して強制的に認証画面が表示されています。 FeedeenからGoogle側の挙動を変えることはできないので、事前の策として「Safariの場合のみ1ヶ月程度はGoogleアカウント認証を行わない」(≒セッションの有効期限を1ヶ月に延長)という修正を行いました。根本的な解決ではありませんが、Google認証画面の煩わしさはだいぶ軽減できるはずです。 問題が修正されない、もしくは他の問題が発生するなどありましたら、 お問い合わせフォーム にてお知らせください。 Google Drive連携の廃止 取得したフィードの情報をGoogle Driveに保存する「Google Drive連携機能」は、今回の更新をもって廃止とさせていただきました。この機能はもともと ブラウザ拡張を使用した検索機能 にデータを供給することが目的だったのですが、現在のブラウザ拡張ではデータの取得方法が変わっており、Google Driveのデータは使わなくなっていました。またARMへの移行で機能の維持が難しくなったこともあり、今回廃止とさせていただきました。 機能は廃止しましたが、これまで保存したデータはGoogle Driveのマイドライブ内の「Feedeen」というフォルダに残っています。もし不要でしたら、このフォルダごと削除していただければ幸いです。 また、FeedeenからGoogle Driveへのアクセス許可も残っているはずです。実害はありませんが、気になる場合は Googleアカウントのセキュリティ管理画面 で権限を剥奪してください。「ア