外部サービス連携を強化し、Webhookもサポートしました

いつもFeedeenのご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

予定していたメンテナンスが無事終了し、Feedeenの新しいバージョンを公開しました。今回は久々の大きな機能追加として、先日皆様からいただいたご提案をもとに、外部サービスとの連携機能を拡充しました。多くの有用なご提案 、まことにありがとうございます。残念ながら実装できなかったサービスもありますが、代替手段をご紹介していますので、ぜひ以下の内容をご確認ください。


新たに連携できるようになったサービス

新しい外部サービスとして、 Google SheetsTodoistVeinを追加しました。いずれもアイテムにスターをつけたときに自動でそのアイテムの情報が投稿されます。連携の開始方法は従来と同じです。詳細設定の外部サービスで「接続」ボタンを押して、各サービスでFeedeenからのアクセスを許可してください。外部サービスについてのヘルプページも作りましたので、あわせてご参照ください。

外部サービスの設定画面

連携開始後は「接続」ボタンの箇所が歯車のアイコンに変わり、各サービスの設定画面を開くことができます。


Google Sheets

Google Sheetsの設定画面

Google Sheetsは Google が提供する表計算ツールです。接続すると、スターアイテムがスプレッドシートの一行として追加されるようになります。追加する情報の種類やカラム構成は上画像のような設定画面で自由に変更できます。

保存先となるスプレッドシートは、接続後に作成するボタンが表示されるので、そこから作成してください。既存のスプレッドシートに追加することはできません。少々不便な制限ですが、Feedeenからのアクセス権限を限定してセキュリティを向上させるためですので、ご理解いただければ幸いです。

Todoist

Todoistの設定画面

Todoistはとても使いやすいToDo管理ツールです。接続すると、スターアイテムがタスクとして追加されるようになります。追加先となるプロジェクトやセクションを選択できるほか、タスクの予定日時やラベルを自動で設定することも可能です。

Vein

Veinの設定画面

Vein はチームで情報共有に便利なソーシャルブックマークです。接続すると、スターアイテムがブックマークとして投稿されるようになります。投稿時に自動でお気に入りマークをつけたり、コメントとしてアイテムの情報を含めることもできます。

Vein APIの仕様により、接続時に一回だけVeinのアカウント情報(スペース名、メールアドレス、パスワード)をFeedeen上でご入力いただく必要があります(おそらく企業システムなどでの利用を想定した仕様なのだと思います)。入力された情報はVein APIの利用許可を得るためだけに使用し、Feedeen側のDBには保存しませんので、なにとぞご了承ください。

また、VeinにはAPIのほかにブックマークレット用のURLもあるので、そちらを使った送信先の設定も用意しました 。詳細設定の送信先で有効化するだけでよく、アイテムの送信先メニューから利用できます。

Veinの送信先


Webhookもサポートしました

上記の追加サービスとは別に、Webhookもサポートしました。こちらもヘルプページを追加しましたので、詳細はそちらをご参照ください。

Webhookの設定画面

Webhookは特定のサイトやサービスではなく、Webサイト間で情報を通知するための共通の仕組みです。Feedeenでは、スターしたアイテムの情報をWebhookで送信できます。受信側のサービスとしては、SlackIFTTTが有名で、ヘルプページでも設定方法を詳しくご説明しています。

Feedeen の Webhook 機能の特徴として、リクエストボディを自由にカスタマイズできる汎用性が高さが挙げられます。このため、 JSON ベースの API であればたいてい呼び出すことができます。実際には POST メソッドが認証なしで公開されていることはほとんどないのですが、将来的に OAuth などの機能を付ければ、かなり面白いことができるはずです。Python3への移行が落ち着いたらやってみたいです(野望)。


Evernote、Pocketとの連携も改善しました

従来からあるEvernotePocketの連携も強化しました。Evernoteは設定画面を独立させ、保存先のノートやタグなどの設定がより簡単になりました。とくにタグ入力は既存のタグが候補として表示されて絞り込みができるなど、とても使いやすくなりました(これまでが手抜きすぎただけですが...すみません)。

Evernoteの設定画面

Pocketは投稿時に設定するタグを指定できるようになりました。PocketはAPIでタグが取得できないため候補は表示されませんが、それ以外の使い勝手はEvernoteと同じです。また、投稿時にタイトルが設定されないことがある不具合も解消しています。

Pocketの設定画面

Pocketについては従来から送信先の設定もありますので、あわせてご利用ください。


実装できなかったサービスについて

できればご提案いただいたサービスをすべて追加したかったのですが、技術的な問題で実現できないものがありました。しかし、既存の機能である程度の連携はできますので、簡単に方法をご紹介します。

Scrapbox

Scrapboxはリアルタイムで共同編集できるWikiのようなサービスです。残念ながらAPIが公開されておらず、外部サービスとしての連携は現状では不可能です。ブックマークレット向けのURLがあるので送信先にはできるのですが、プロジェクトやノートの指定を含めないといけないので、システム側で設定を用意することはできませんでした。お手数になりますが、詳細設定の送信先で、以下を参考にカスタム送信先を追加してください。

名前 : Scrapbox
送信先URL : https://scrapbox.io/<プロジェクトID>/<ノート名>?body=%5B${url}+${title}%5D
アイコンURL : https://scrapbox.io/favicon.ico

Scrapboxの送信先を設定したところ

例えば追加先のノートのURLが https://scrapbox.io/hoge-12345678/bookmark であれば、送信先URLは https://scrapbox.io/hoge-12345678/bookmark?body=%5B${url}+${title}%5D となります。詳細はScrapboxのヘルプをご参照ください。

Notion

Notionは多機能なノートアプリです。APIはプライベートベータの段階で、利用申請はしたのですが、いまだ招待は来ず。APIが使えるようになったら外部サービスとして追加したいと考えております。

iOS / Android でNotionアプリがインストール済みであれば、送信先の「システム共有メニュー」からNotionが呼び出せるので、当面はそちらをご利用ください。

Google Keep

Google Keep は Google のメモアプリです。残念ながらAPIも投稿用URLもなく、デスクトップ環境では手も足も出ません。GoogleさんWebに冷たくなってしまって...(涙)。モバイルデバイスでは、Notionと同じく送信先のシステム共有メニュー経由でリンクを送ることができます。

LINE

LINEは言わずと知れたチャット・通話アプリです。基本的に企業向けのAPIしかない...と思っていたのですが、この記事を書いているときに見つけました。提案してくださった皆様、私の検索力が足りず、たいへん申し訳ありません。次の機会に実装します。

差し当たり、 IFTTT にメッセージを投稿できるアクションがあるので、 Webhook 経由で呼び出せば外部サービス相当のことが実現できるかと思います。 Webhook で IFTTT のアプレットを呼び出す方法については、ヘルプをご参照ください。

RSS配信

スターアイテムをRSS配信したいというご提案もありました。これはカラースターのほうで実現されていますので、そちらをご利用いただければ幸いです。詳細はヘルプサイトの「カラースター公開フィードの活用例」をご参照ください。


Google Drive 連携について

取得したフィードのデータをGoogle Driveに保存する機能については、今後予定しているサーバー構成と相性が悪く、また当初の役割はすでに終えているため(拡張機能に検索用データを供給するのが主目的でしたが、現在はWebサーバーから直接取得するようになっています)、廃止予定とさせていただきました。実際に廃止するのは2〜3ヶ月後の予定です。

ただ、現在でも有効にしている方がわりと多くいらっしゃるので、バックアップとして一定の需要があるのかもしれません。必要な方がおられましたら、下のフィードバックフォーム、もしくはお問い合わせフォームで利用目的を教えていただけると嬉しいです。それをもとに、代替機能の実装などを検討させていただきます。


新機能のフィードバックをお願いします!

今回の機能追加は、皆様のご提案のおかげで当初の想定以上に充実させることができました。たくさんのご提案、ありがとうございます。私一人で考えるよりも、皆様のお知恵をお借りした方が良い結果が出ることを痛感しました。

今後も皆様のニーズによりマッチした機能開発を進めるため、ご意見・ご要望を匿名で投稿いただけるフォームを常設することにいたしました。とくに今回の機能追加で至らない点、「ここをもう少し変えれば使えるのに」のような箇所がありましたら、ぜひお聞かせください。可能なものは次の更新で修正したいと考えております。もちろん、それ以外のご意見・ご要望もご遠慮なくお寄せください。今後の開発に反映させていただきます。

なお、不具合のご報告に限りましては、これまでどおりお問い合わせフォームのご利用をお願いします。不具合については状況を伺わないと原因を特定できないケースが多く、匿名でお知らせいただいても対応できない可能性があります。ご協力いただければ幸いです。

それでは、今後ともFeedeenをよろしくお願いいたします。


コメント

このブログの人気の投稿

5月4日(土)午前1:00 〜 3:00 画像プロキシのメンテナンスを行います

Feedeenと連携させたいサービスを教えてください!